トピックス

2015年食の10大ニュース[5]

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

海外の食品安全関連情報を紹介する「食品安全情報(化学物質)」の記事の中からピックアップしました。順不同です。(国立医薬品食品衛生研究所安全情報部第三室 畝山智香子・登田美桜)

●「食品安全情報」(食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

  1. 世界中でダイエタリーサプリメントによる健康被害対策が課題
  2. カフェインの過剰摂取への取り組み
  3. 除草剤グリホサートの発がん性評価に関する論争
  4. IARCが赤肉(red meat)と加工肉(processed meat)の発がん性を評価
  5. EUでコメ中の無機ヒ素の最大基準値を設定
  6. トランス脂肪酸への取り組み
  7. アクリルアミドは引き続き食品安全上の問題
  8. 遺伝子組換え動物の食用としての初認可
  9. 食品廃棄削減への取り組み
  10. 健康的な食生活とは?

(順不同)

1. 世界中でダイエタリーサプリメントによる健康被害対策が課題

 食品安全情報では今年も多数のダイエタリーサプリメント関連の記事を掲載しました。その多くは医薬品などの違法使用や健康被害に関するものです。とくに印象的だったのは、英国で女性が2,4-ジニトロフェノール(DNP)を含むダイエタリーサプリメントの摂取により死亡した事件でした。

 DNPはダイエタリーサプリメントや痩身用(いわゆる脂肪燃焼用)の製品に違法に添加されている工業化学物質で、その摂取による健康被害は10年以上前から報告されて各国で何度も警告が出されているものです。この事件は、死亡事例が報告される製品でもいったん販売されてしまうと、警告が出されているにも関わらず販売(とくにインターネット通販)や購入を根絶することが難しく被害が絶えないという、ダイエタリーサプリメントを取り巻く深刻で重要な問題をよく示していると思います。しかも、製品の表示にはそのような健康被害をもたらす成分が入っているということは書かれているはずもないので、消費者は知ることもできません。

 他に、多くのハーブサプリメントについてDNA検査をしたところ大部分の製品で表示とは異なる植物が検出され、その販売業者に停止命令が出されたというニューヨーク司法長官プレスリリースも、ハーブサプリメントの脆弱な品質管理の問題点を浮き彫りにした点で印象的でした。

 また、米国では司法省が中心となり、国税庁の犯罪捜査部、米国食品医薬品局(FDA)、米国連邦取引委員会(FTC)、郵政公社の執行機関、国防総省、米国アンチドーピング機構が協力して、1年間にわたり安全でないまたは異物混入されたダイエタリーサプリメントを見つける一掃作戦が行われ、117の各種製造・販売業者に対する民事差し止め命令や刑事訴訟が行われました。

 これらはダイエタリーサプリメントが抱える問題の氷山の一角です。機能性食品表示制度が施行された日本は、同時に多くの問題を抱えることにもなったと感じています。もしもある製品で健康被害が生じたとしても、消費者から健康被害報告を集めるシステムがないという問題点もあります。

2. カフェインの過剰摂取への取り組み

 12月になってカフェイン中毒による死亡事例がメディアで報じられました。しかし、カフェイン中毒は新しい問題というわけではなく、これまでの食品安全情報でも関連記事を何度も取り上げていたので、日本でもニュースになり認識されたのだなという印象を受けています。海外では、純粉末カフェインやカフェインを多く添加したエナジードリンク/ショットによるカフェインの過剰摂取、とくにカフェインとアルコールの同時摂取(カフェインの覚醒作用により酔いを感じにくくなり、多量飲酒や暴力行為につながりやすくなる)について注意を呼びかけています。対策の一環としてカフェインの摂取量調査、カフェイン添加量の規制、表示義務などを行っている国もあります。

 今回話題になったカフェインについては、コーヒーやお茶などを1回に1~2杯といった通常の範囲で飲んでいるのであれば健康被害の心配はないでしょう。しかしながら、意図的にカフェインを多量に含む製品や粉末・錠剤の製品を一度にたくさん摂ることで過剰摂取になり、健康被害につながったと考えられます。この危険は他の天然成分についても同様です。普段の食事で食べられているものでも、抽出・濃縮された製品(とくにカプセルや錠剤)にすることで1つのものを多量に摂取することになり、健康被害を生じる可能性があります。

※カフェインの摂取について、5年前に書いた記事ですが参考にご紹介します。

●食の専門家が知っておきたい食品科学情報
第2回 朝の一杯(2010年10月15日)
http://eiyo.sub.jp/column/contents/blog/2010/10/15/%E7%AC%AC2%E5%9B%9E%E3%80%80%E6%9C%9D%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%9D%AF/

執筆者

登田美桜
登田美桜
国立医薬品食品衛生研究所安全情報部第三室主任研究官 とだ・みおう 農学博士。国立医薬品食品衛生研究所は、医薬品、食品、その他生活環境中に存在する物質について、品質、安全性、有効性を評価するための試験、研究、調査を行う機関。 安全情報部の「食品安全情報」は、食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報を伝える。