トピックス

冷凍果実に肝炎・ノロの危険

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.22(2015.10.28)を発表した。

注目記事
【Eurosurveillance】冷凍ベリーによるA型肝炎ウイルスとノロウイルス感染

欧州連合・欧州経済領域(EU/EEA)内で最近5年間に発生したA型肝炎ウイルス(HAV)およびノロウイルス(NoV)感染アウトブレイクの疫学調査により、原因食品としての冷凍ベリー類の重要性が浮き彫りになっている。

EU域内で過去10年以上にわたりベリー類の消費が増えていることに鑑み、ベリー類に関連する潜在的な脅威のレベルを評価するために現存するエビデンスのレビューを行った。

今回のレビューにより1983~2013年に報告された32件の個別事例(アウトブレイク、食品汚染)が明らかになり、このうち26件は2005年以降に報告されていた。特定された病原体はNoV、HAVおよび赤痢菌(Shigella sonnei)であった。最も多く報告された病原体はNoVで、27事例および15,000人以上の報告患者に関連していた。2005~2013年の期間について、3種類の重複する情報ソースを対象に捕獲再捕獲法による分析が行われた。その結果、当該事例の把握率は62%と推定された。

冷凍ベリー類を原因食品とするNoVおよびHAV感染アウトブレイクおよび冷凍ベリー類の同ウイルス汚染事例はとくに2005年以降増加しており、この増加は冷凍ベリー類の消費量の増加に関連している。将来の予防戦略策定に役立てるためには、冷凍ベリー類に関連する健康リスクのレビューが必要である。食品由来事例のモニタリング、予防および管理対策を向上させるためには、現行のコミュニケーションプラットフォームおよびデータベースをさらに効果的に統合することをEU/EEAレベルで追求すべきである。

【UK FSA】食品安全管理計画なしのバーガー調理・提供は禁止

英国食品基準庁(UK FSA: Food Standards Agency, UK)理事会は、有効性が検証された食品安全管理計画が設定されていない場合は、食品提供施設での生のバーガーの調理および提供は認められないことに合意した。FSAは長年にわたり、生残の可能性があるすべての病原菌を死滅させるにはバーガーを十分に加熱すべきであると消費者に助言しており、今でもこの見解に変わりはない。

FSA理事会は、以下の条件付きでこの新しいアプローチを支持することに決定した。

  • 生のバーガーの提供を望む事業者は事前に地域自治体当局に届け出る。
  • 生または軽く加熱しただけで喫食されるバーガー用のひき肉を供給する業者は、管理対策を実施していることをFSA理事会に対して保証する。
  • 生のバーガーを提供する施設ではメニューに消費者向けの効果的な注意書きを載せる。理事会は、FSAが主導してこれらの注意書きの一貫性を確保すべきであることに同意した。
  • 一般消費者にリスクおよび対策を説明するためFSAのコミュニケーションプランを実施する。
  • 感染症の罹患率を引き続き詳細に監視し、変化があればすべて理事会に報告する。

理事会の決定を受け、FSAは地方自治体、事業者、および消費者向けのガイダンスの作成を引き続き行う予定である。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク
食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.22(2015.10.28)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2015/foodinfo201522m.pdf
今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 2014年の世界のコレラ患者発生状況

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 輸入キュウリに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Poona)感染アウトブレイク(2015年10月14日付更新情報)
2. ペットのオウカンミカドヤモリに関連して複数州にわたり発生したサルモネラ(Salmonella Muenchen)感染アウトブレイク(最終更新)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:サルモネラ(Salmonella Infantis)感染アウトブレイクを調査中
2. 公衆衛生通知:生の貝類に関連して発生した腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)感染アウトブレイク(2015年10月15日付最終更新)

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 包装済み水産食品の小売段階での保存に適用される温度の評価に関する科学的・技術的助言

【Eurosurveillance】
1. 冷凍ベリー類の喫食に関連した食品由来疾患(欧州連合、1983~2013年)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 生のバーガーに関する英国食品基準庁(UK FSA)理事会の決定

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。