トピックス

墨国産キュウリのサルモネラ

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.19(2015.09.16)を発表した。

注目記事
【US CDC/US FDA/CFIA】サルモネラ汚染の可能性あるキュウリの回収

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生当局および米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)は、Andrew & Williamson Fresh Produce (A&W)社(カリフォルニア州サンディエゴ)がメキシコから輸入・販売したキュウリに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Poona)感染アウトブレイクを調査している。2015年9月3日までに、S. poonaアウトブレイク株の感染患者が27州から計285人報告された。

 疫学・追跡調査と検査機関における検査の結果から、可能性の高い感染源として、A&W社がメキシコから輸入・販売したキュウリが特定された。調査は継続中である。

 これらのキュウリは、「Limited Edition Pole Grown Cucumbers」と表示がある段ボール箱に詰めて出荷されている。回収対象のキュウリのケースのラベルには、メキシコのRancho Don Juanito社が栽培および包装を行ったことが示されている。米国内産のキュウリは本アウトブレイクには関係がないと考えられる。

 カナダ食品検査庁(CFIA: Canadian Food Inspection Agency)によると、A&W社はカナダでもキュウリの回収を行っている。CFIAは食品安全調査を行っており、回収対象製品が追加される可能性がある。その場合は、CFIAが食品回収警報の更新を発表する。現時点では、CFIAは、これらの製品の喫食に関連してカナダ国内で患者が発生したという報告を受けていない。

【PHAC】生の貝類の腸炎ビブリオ

 カナダ公衆衛生局(PHAC: Public Health Agency of Canada)は、複数州の公衆衛生当局、カナダ食品検査庁(CFIA)、カナダ水産海洋省(DFO)、およびカナダ保健省(Health Canada)と協力し、生の貝類に関連してブリティッシュ・コロンビア州(60人)、アルバータ州(19人)、サスカチュワン州(1人)、およびオンタリオ州(1人)で発生した腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)感染患者81人の調査を行っている。

 1人が入院したが、死亡者は報告されていない。発症日は2015年5月26日~8月26日で、全員が生の貝類(主にカキ)の喫食を報告した。

 CFIAによる本アウトブレイクの調査結果にもとづき、ブリティッシュ・コロンビア州の沿岸水域で2015年8月18日以前に採捕された生食用カキが市場から回収されている。当該製品はカナダ全土に出荷されている。

(注目記事のまとめ:Food Watch Japan編集部)

食品安全情報へのリンク
食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.19(2015.09.16)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2015/foodinfo201519m.pdf
今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. Custom Produce Sales社がサルモネラ汚染の可能性があるFat Boyブランドおよびブランド名なしのキュウリを自主回収
2. Andrew and Williamson Fresh Produce社がサルモネラ汚染の可能性があるLimited Editionブランドのキュウリを回収

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 輸入キュウリに関連して複数州で発生しているサルモネラ(Salmonella Poona)感染アウトブレイク(2015年9月4日付初発情報、9月9日付更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:大腸菌感染アウトブレイク(2015年9月14日付更新情報)
2. 公衆衛生通知:生の貝類に関連して発生している腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)感染アウトブレイク(2015年9月10日付更新情報)

【カナダ食品検査庁(CFIA)】
1. 食品回収警報:様々な小売店がサルモネラ汚染の可能性があるキュウリおよびキュウリを使用して店内で製造した製品を回収
2. 食品回収警報: Save On Foods、PriceSmart Foods、Coopers Foods、OverwaiteaおよびFreson Brothersの各社がサルモネラ汚染の可能性があるキュウリを回収
3. 食品回収警報: Safeway社がサルモネラ汚染の可能性があるキュウリおよびキュウリを使用して店内で製造した様々な製品を回収

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 英国食品基準庁(UK FSA)理事会が生乳(未殺菌乳)に関する規制を継続することで合意

【アイルランド食品安全局(FSAI)】
1. アイルランド食品安全局(FSAI)が2014年次報告書を発表

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。