トピックス

アプリコットカーネルに警告

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.09(2015.04.28)を発表した。

注目記事
【FDA】警告文書――アンフェタミン類似化合物関連

 米国食品医薬品局(FDA)は、ベータメチルフェニルエチルアミン(BMPEA)などのアンフェタミン類似体関連を含むいくつかのダイエタリーサプリメントの販売業者に対し警告文書を送付した。

※ポイント:これらの警告文書には、ハーバード大学医学部の准教授でCambridge Health Allianceの内科医であるPieter Cohen医師らが、複数のダイエタリーサプリメント類からアンフェタミン類似化合物を検出して健康上の危険があると発表した上で、FDAはダイエタリーサプリメント類にそれらが含まれていることを2年前に報告していたのにもかかわらず何も対応していなかったと指摘したために国際的なニュースとなっていることが関係しています。

 メーカー側は、BMPEAは植物Acacia rigidula由来の天然物質であり規制上の問題はないと主張しています。今回は、製品の成分表にBMPEAが記載されていたダイエタリーサプリメントのみを対象にしているようで、インターネット上のニュースでは、今回のFDAの対応では不十分であると指摘しているものもあります。

【BfR】ビターアプリコットカーネルは成人には1日2個が限度――子供は摂取を完全に控えるべきである

 ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)は、アミグダリンを含むビターアプリコットカーネル(仁)の摂取について、消費者が1日に2個以上摂取しないこと、あるいは全く摂取しないようにすることを勧告している。さらに、直接消費用のビターアプリコットカーネルの包装には健康リスクの可能性についての警告を表示して、推奨最大1日摂取量を明記すべきであり、大量のビターアプリコットカーネルの摂取から子供たちを保護するために、小さなパックでのみ販売すべきであるとしている。

※ポイント:BfRは2007年に出した意見を更新し、ビターアプリコットカーネルの摂取はリスクが高いとして改めて注意を呼びかけています。

※参考:食品安全情報(化学物質)No.25(2013.12.11)アプリコットの生の仁にシアン化物中毒の危険
http://www.foodwatch.jp/science/nihsreport/37118

【EU】食品や飼料へのGMO使用の決定について加盟国の自由度が大きくなる

 欧州委員会は遺伝子組換生物(GMO)を食品や飼料として認可する際の意志決定プロセスのレビューの結果を発表した。このレビューはEUが飼料用や食用に認可したGMOの「使用」について、人々の見解を反映し各国の権限をより拡大するために変更が必要であることを確認した。このレビューの結果、欧州委員会はEUの認可したGMOの自国内での使用の制限や禁止について加盟国により大きな自由を与えるよう規制を改定することを提案する。

※ポイント:EUのGM作物規制が、議会及び理事会指令(EU)2015/412のもと、加盟国が認可されたGM作物の自国内での栽培について禁止や制限できるよう改定されました。今回のレビューで得られた提案は、各国に与えられた権利を補完するような内容になっており、今後欧州議会及び理事会に送付される予定です。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(化学物質)No.09(2015.04.28)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2015/foodinfo201509c.pdf

今号の目次

【WHO】
1.国際がん研究機関IARC:出版物の案内

【EC】
1.2015年3月25日ブリュッセルでの内分泌撹乱物質同定基準の影響評価に関する円卓会議の要約
2.会議「内分泌撹乱物質:同定のための基準と関連影響」
3.塩化セチルピリジニウムについての意見にコメント募集
4.食品や飼料へのGMO使用の決定について加盟国の自由度が大きくなる
5.欧州委員会は食用/飼料用として17のGMOと2つのGMカーネーションを認可
6.食品獣医局(FVO)査察報告:ブラジル
7.食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1.食品中の化学物質のデータ:一般向け年次概要
2.EFSAの分野を横断するガイダンス文書のレビュー、改訂、作成に関するガイダンス
3.飼料中のニッケルの存在に関する動物と公衆衛生と環境へのリスクについての科学的意見
4.ポンソー4R(E124)の詳細暴露評価
5.食品と接触する物質関連
6.香料グループ評価

【FSA】
1.違法色素Sudan IV を含むラベルのないガーナ産パーム油がKemtoy Miyan Cash & Carryで販売されていた
2.アレルギー警告

【HSE】
1.PRiF:最新モニタリング結果

【BfR】
1.ビターアプリコットカーネルは成人には1日2個が限度―子供は摂取を完全に控えるべき
2.ナノテクノロジーに関する第一回合同シンポジウムのプレゼンテーション概要
3.実験動物の保護について、さらに研究が必要

【ANSES】
1.消費者製品からの化学放出物の安全性閾値に関するEU作業専用ホームページ
2.スパイス中のピーナッツ/アーモンドアレルゲン

【FDA】
1.警告文書-アンフェタミン類似化合物関連
2.警告文書-その他
3.公示:Extreme Diamond 3000には表示されていない医薬品成分が含まれる

【USDA】
1.B & R Meat Processing社は規制値を超える亜硝酸濃度のため製品をリコール
2.USDAは米国のオーガニック生産者が過去最高になったことを発表

【CFIA】
1.Harper政権は食品安全ラボの効率を改善する

【TGA】
1.Capsig NSW – 補完医薬品 – リバイバル, 25 March 2015でのTGAのプレゼンテーション
2.安全性警告

【香港政府ニュース】
1.粉ミルクの供給は十分
2.レーズンのバッチ回収

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2.説明資料(連合ニュースなどの「白首烏製品65%に偽物の白首烏成分」記事に関連して
3.食品医薬品安全庁、ごま油の真偽判別法を開発!
4.韓国紅参、朝鮮人参の国際農薬基準の設定
5.ベンゾピレンが基準を超過して検出された「エゴマ油」の回収措置
6.都心河川、道路沿いなどの汚染の懸念地域にある野生の春ナムルの摂取に注意
7.ベンゾフェノンとパーフルオロ化合物暴露量は安全なレベル
8.食品異物申告、継続的な減少傾向

【HSA】
1.HSAは人々に対し、強力な化合物を含む5つの違法性機能増強用製品がオンラインで販売されていたことを警告

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)原因不明の病気-ナイジェリア:(ON)致死、失明
・(EurekAlert)ダイエタリーサプリメントはがんリスクを増やすことが示された
・(EurekAlert)サツマイモは天然に「遺伝子組換え」されている
・(EurekAlert)BPAの新生児へのリスクはこれまで信じられていたより小さいかもしれない

執筆者

FWJ編集部
FWJ編集部
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。