英国食品基準庁が鶏肉を洗わないよう注意

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.13(2014.06.25)を発表した。

注目記事

【WHO】抗微生物薬耐性に関するサーベイランス

 世界保健機関(WHO: World Health Organization)は、抗微生物薬耐性:世界各地でのサーベイランスの結果報告書(2014年)を発表した。

 抗微生物薬耐性(antimicrobial resistance: AMR)の現時点でのできる限り正確な状況と、世界各地でのAMRサーベイランスの現状を初めて報告したもの。国際的に懸念される7種類の細菌の感染症の治療に頻用される抗菌剤について、これらの細菌が耐性を示すか否かを質問するサーベイランスが世界各地で行われた。

【USDA FSIS】ミズーリ州のパッカーが特定危険部位未除去のリブアイを回収

 米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS: Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service)は、30カ月齢以上のウシから除去することが規則で定められている背根神経節が完全には除去されなかった可能性があるとして、Fruitland American Meat社(ミズーリ州Jackson)が約4,012ポンド(約1.8t)の生鮮牛肉製品を回収していると発表した。

 回収対象製品は以下の通りで、USDA検査印の内側に施設番号「EST. 2316」が表示されている。「Rain Crow Ranch骨付きリブアイ」:約20ポンド(約9.1kg)入りクリオバック包装が2個入った40ポンド(約18kg)ケースの製品および四分体牛枝肉。当該製品は2013年9月~2014年4月に製造・包装された。

 同社は、ニューヨーク市のレストラン1店、およびWhole Foods社のニューイングランド地方の複数店舗を担当するコネチカット州の流通センターにこれらの骨付きリブアイロースト肉を出荷したと報告した。

【UK FSA】生の鶏肉を洗わないよう消費者に注意

 英国食品基準庁(UK FSA: Food Standards Agency, UK)は、食中毒の原因となる可能性があるカンピロバクター感染のリスクを減らすため、国民に生の鶏肉を洗わないよう呼びかける注意喚起を発表した。洗浄により水滴が周囲に飛び散ることで、手指、調理台、衣服および調理器具などにカンピロバクターが拡散する可能性がある。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.13(2014.06.25)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2014/foodinfo201413m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 抗微生物薬耐性:世界各地でのサーベイランスの結果報告書(2014 年)

【米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)】
1. ミズーリ州の会社が特定危険部位(SRM:Specified Risk Materials)が除去されてい
ない可能性があるリブアイおよびとたい製品を回収

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 有機発芽チア(chia)種子パウダーに関連して発生しているサルモネラ(Salmonella
Newport、S. Hartford、S. Oranienburg)感染アウトブレイクの調査(2014 年6 月13
日付更新情報)
2. 生のクローバースプラウトに関連して複数州にわたり発生している志賀毒素産生性大
腸菌O121 感染アウトブレイク(2014 年6 月10 日付更新情報)
3. 米国食品医薬品局(US FDA)が他の政府機関と合同で「食品安全分析に関する省庁間
協力(IFSAC)」についての情報リソースサイトを開設

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 有機発芽チアパウダーに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ感染アウト
ブレイク(2014 年6 月11 日付更新情報)
2. 生のクローバースプラウトに関連して複数州にわたり発生している志賀毒素産生性大
腸菌O121 アウトブレイク(2014 年6 月10 日付更新情報)
3. 加熱不十分な鶏レバーに関連して米国北東部の複数州にわたり発生したカンピロバク
ター(Campylobacter jejuni)感染アウトブレイク(2012 年)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:発芽チア(chia)種子パウダーに関連して発生しているサルモネラ感染
アウトブレイク(2014 年6 月20 日付更新情報)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 英国がカンピロバクター予防キャンペーンを展開

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 生の鶏肉を洗わないよう消費者に注意喚起
2. 親の食品衛生習慣は子どもに引き継がれる
3. 小規模食品製造業者向けに新しく開発されたオンラインのHACCP 確認ツール

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報

FWJ編集部
About FWJ編集部 1893 Articles
Food Watch Japan の運営および取材、執筆、編集を行っています。