農場格納庫の筆者(右)
北の空から見えるのは

電力がない(2)

2012年3月29日 宮井能雅

農業でも、工場などのように3相200Vを利用している場合が多い。送電効率がよく、電気をたくさん使う場合は有利だ。しかし、これをさらに活用する裏ワザがあって、電力会社の反応もビミョー。ところで、日本の電力事情が悪いのはなぜか、そのそもそもを考えた。

北海道の農場
北の空から見えるのは

電力がない(1)

2012年3月28日 宮井能雅

今年の夏も電力不足の心配があるようだ。農業の現場でも電力はたくさん使うから、対策は検討しておかなければいけない。そこで改めて電力について考えてみると、おかしなことがこれまたいろいろ。

5月の北海道長沼町付近上空
北の空から見えるのは

我々農家のあり方が問われている

2011年12月8日 宮井能雅

TPP参加となっても、日米それぞれでの売り渡し価格がさほど変わらない小麦・大豆生産ではあまり状況は変わらないだろう。とは言えその背景には交付金収入がある。それを他の品目にも拡大していくのは、国の予算上難しい。求められるのは、我々農業という産業の形の変化に違いない。

アメリカの圃場で。播種機を付けたこのトラクタは小型の部類
北の空から見えるのは

一農家としてTPP参加に賛成する(2)

2011年11月8日 宮井能雅

経済的に豊かな国の農業が、豊かなのである。それはアメリカの農業を見ればわかるし、他の小さな国を見てもわかる。ただし、農業を社会から切り離して考える限り、その真実は見えない。

来日したアメリカ穀物協会会長(当時)と
北の空から見えるのは

一農家としてTPP参加に賛成する(1)

2011年11月7日 宮井能雅

農村で「TPP参加に賛成」と言っても、書いても、その意見はなかったことにされてしまうと嘆く宮井氏。なぜTPPに賛成なのかの前に、今回の騒動から思い出したウルグアイラウンドのころのエピソードから披露してもらった。

零戦。戦後民主主義が否定したヒーローたちの得物(筆者撮影・米国カリフォルニアにて)
北の空から見えるのは

必要なのはヒーローではない。たとえば緻密な危機管理だ

2011年4月18日 宮井能雅

「Fukushima 50」に贈られる賞賛。しかし、「お国のために死ね」の時代は66年前に終わったのだ。戦勝国アメリカがそれを教えてくれた。彼らは民主主義と技術を教えてくれた。その基本から導かれることは、ヒーローを作らない世界だったはずだ。

北海道の農場
北の空から見えるのは

“あたたかな”北海道で明日を見ませんか

2011年3月28日 宮井能雅

「福島」「香川」「熊本」「三重」「鳥取」「加賀」「伊達」「白石」「北広島」「新十津川」「世田谷」……日本地図を広げて当てずっぽうに地名を挙げたのではない。これらはどれも北海道にある地名だ。それぞれ、入植した人たちが新天地にふるさとの名前を付けた、歴史ある地名である。